ニコチンはタバコに含まれている主な成分です。ニコチン依存症という言葉も聞いたことがあるでしょう。このニコチンについてしっかり理解している人は少ないかもしれません。

タバコと灰皿
  • ホーム
  • 禁煙中にタバコが吸いたくなったら

禁煙中にタバコが吸いたくなったら

禁煙中にタバコが吸いたくなったら医師に相談するのが一番のおすすめです。
最近は禁煙外来に行く人もかなり増えていますから、医師に相談をするというのは半ば常識のようなものともなっています。
禁煙ではなく減煙でなんとかしようとするのはとても危険です。ある意味では減煙は禁煙よりも難しいといってもいいかもしれません。

減煙は徐々にタバコを吸う量を減らしていくものですから、なんとなく禁煙よりも簡単なイメージもありますが、一度でもタバコを吸ってしまった人が、次にタバコに手を出すとなかなかやめられるものではありません。
タバコには中毒性があるからです。
少しでもタバコを吸えば、その時の感じが体に蘇るので途中で止めたり、量を減らすということはなかなか出来ないのです。
人の欲望というのは少しでも火が付くと止められなようになっています。

ちょっとの気持ちで飲み屋に入るとちょっとでは済まないというのと同じです。
少しでも飲んでしまうと後は一気に飲んでしまうのが人の意志の弱さです。そこにあれば飲んでしまうのです。タバコも同様です。
基本的には禁煙中は考えないというのが基本です。
ただ、それでも吸いたくなるということはあるでしょうから、その時には禁煙外来で医師に相談するのがいいわけです。
というのは、禁煙中にも関わらずに吸いたいと思うわけですから、症状としてはかなり深刻です。

友達や家族に相談するのもいいのですが、一番信用できる医師に相談すると、さまざまな助言を得ることが出来ます。
場合によってはチャンピックスなどの投薬などの処置もあるかもしれません。

タバコというのは中毒性があり、依存性があることは既に証明されています。
つまり、禁煙中に吸いたくなるというのは一種の病気の症状が出ている状態です。病気を治すにはやはり専門的な知識を持った医師に相談するのが一番です。
タバコが吸いたいという気持ちは単なる意志の弱さだけの問題ではないのです。

吸いたい気持ちを我慢する禁煙制御のコツは何?

吸いたい気持ちを我慢する禁煙制御のコツは、禁煙することの意味をしっかり把握することです。
禁煙によって何を失い、何を得るのかを明確に理解して、それがはっきりと頭の中に整理されると禁煙することが出来る確率が上がります。
禁煙中に飲酒の影響でたばこが吸いたくなるようなこともありますが、これは飲酒の影響によって理性の部分が無くなってきて本能の部分が出ているとも考えられます。
ですから、飲酒も出来るだけ避けたほうが良いでしょう。

飲むときはタバコが吸えないようにした状態にするというのも一つの方法です。
電子タバコにするというのも一つの方法ですが、電子タバコは今のところどのような有害物質があるのかということは検証はされていません。
つまり、全くの無害かどうかは分からないということです。
離脱症状のようなものを感じたときにはニコテックス、ニコレットなどの禁煙ガムのようなものを使用してもいいかもしれません。
ただ、こうしたものを使用する時でも明確に禁煙をするという意志を持っていないと、これからタバコを連想してタバコが欲しくなるということがあります。

離脱症状はニコチン切れの症状が出て体が本能的にニコチンを欲している状態ですから、この本能的な部分はニコテックスやニコレットでカバーされるわけです。
精神的なところで快感を覚えてしまって中毒になっているような時にはタバコを少しでもイメージすることでその快感を思い出して体が欲するということもあります。
離脱症状の度合いや過去の経験によっても上手く禁煙できるかどうかが変わってくるということです。
ですから、離脱症状を感じたときには医師に相談して、場合によってはチャンピックスなどの投薬を受けるということも必要になるかもしれません。

いずれにしてもしっかりとした目標を持ち、禁煙をすることの意義をしっかりと持つことが禁煙制御のコツです。

関連記事