ニコチンはタバコに含まれている主な成分です。ニコチン依存症という言葉も聞いたことがあるでしょう。このニコチンについてしっかり理解している人は少ないかもしれません。

タバコと灰皿
  • ホーム
  • ニコレットで禁煙に成功できるか?

ニコレットで禁煙に成功できるか?

タバコを折っている人

日本では健康ブームで多くの人が体に良いことを積極的に取り入れようとしていて、適度な運動、バランスの良い食事、そしてサプリメントを利用される人もおられます。
体に悪いものの代表に飲酒、タバコ、ストレスなどがあり適度なお酒は体に良いこともありますが、タバコは百害あって一利なしとも言われているのです。
日本だけでなく世界中でタバコを規制する動きがあり、その理由は健康被害がとても大きいのでこれからどんどん広がる可能性があるかもしれません。

タバコを吸っている人の中には健康に気を使っていてもなかなかやめることができない人もおられ、その理由はニコチンによる身体的依存とタバコを吸う動作の心理的依存です。
タバコに含まれるニコチンは大脳の快楽中枢に作用するのですが、その作用は短く切れるとイライラなど離脱症状が出て、またタバコが吸いたくなるのを繰り返してしまします。
本人はやめようと思ってもなかなかやめることができないのが依存症の怖いところです。

そのニコチンをタバコからではなくガムで吸収する方法が広まっていて、その例にニコレットがありニコチン置換療法というものがあります。
ニコレットのガムを噛むことにより、ニコチンが切れたときに出る離脱症状を軽減できるのです。
ニコレットはミント味なのでスーッとした爽快感があるのが特徴で手軽に買えます。

禁煙は一人では難しいという人や以前禁煙して失敗したので無理、日頃の努力は大変だと思うこともあるでしょう。
今では禁煙外来があり保険治療をすることやセルフメディケーションといって自分で自分の健康管理をするための方法もたくさん紹介されています。

禁煙がもたらす効果は非常に素晴らしいものがあり、そのままタバコを吸うことで確実に寿命が縮まっているのですが、やめることで縮まっている寿命を取り戻すことができるのです。
喫煙による健康被害は自分だけに及ぶものではなく、副流煙による受動喫煙の害で命を落とす人が増えています。
家族や知人、そして周囲の健康も防ぐことができるのです。

正しい使い方と日頃の努力が効果を生む秘訣!

タバコをやめたいという人はニコレットを使った法があり、ドラッグストアや通販で手軽に購入することができ、普通のガムと同様に噛めばいいのです。
ニコチン依存によるタバコを吸いたい衝動や離脱症状によるイライラなどのストレスを軽減することができます。
ニコチンの作用はとても早く、すぐに離脱症状が現れるのが特徴です。

ミント味のニコレットを使ったニコチン置換療法はゆっくりと噛み、30分から60分程度噛みます。
口の中の粘膜から吸収されるので早く噛むと効果が薄くなります。
断続的に噛むことで離脱症状を防ぐことが目的です。

禁煙はニコチンにより依存性だけでなくタバコを吸う動作による心理的依存もあります。
無意識にタバコをくわえてしまう人や口が寂しいという人などです。
タバコを吸うことでやる気を出したり、休憩をしたりと切りかえに使っている人には心理的依存が強いことがあります。
本来タバコそのものにそのような効果はないので、禁煙を続けていくうちに解消されるので問題ありません。

そこまでいくには自分だけの努力では難しい人もおられるので医師と二人三脚で治療できる禁煙外来、専門病院が遠いという人にはセルフメディケーションが良い方法です。
セルフメディケーション税制というものがあり禁煙補助薬なども適用されるので所得控除が利用できるので、ニコチン置換療法で利用するニコレットも対象なので知っておくと役立ちます。

禁煙で大きな役割を果たす禁煙プログラムがあり、病院で行われるだけでなくインターネットを使った方法があります。
禁煙は意志が弱くても誰かが支えになれば強力なサポートになり、確かな方法で強力な後押しがある禁煙プログラムなら日頃の努力が報われます。
禁煙は思い立った時からすぐに始めることができます。

関連記事
サイト内検索