ニコチンはタバコに含まれている主な成分です。ニコチン依存症という言葉も聞いたことがあるでしょう。このニコチンについてしっかり理解している人は少ないかもしれません。

タバコと灰皿
  • ホーム
  • チャンピックスで禁煙を成功させよう

チャンピックスで禁煙を成功させよう

公園にある禁煙表示

禁煙補助薬にはチャンピックスと呼ばれるものがあります。
これは経口薬ですので飲むことによって禁煙をサポートすることができます。
医師の処方を必要とする薬のため、薬局では購入することはできず、禁煙外来での処方を受けなければいけません。
ただ、ニコチン依存症は病気という認識が持たれていますので保険適用で治療を受けることが可能です。
自己負担が抑えられ治療も受けやすくなっています。

チャンピックスの禁煙効果が優れているのは、バレニクリンという成分が含まれている点に理由があります。
この成分によって禁煙時の離脱症状が抑えられ、徐々に喫煙習慣から離れていくことができるようになるのです。

具体的な機序を知る前に、禁煙が難しい理由にも触れてみましょう。
そもそも禁煙が辛く感じるのは、ひとつにドーパミンが不足してしまうからです。
禁煙中は頭痛や眠気、倦怠感などの離脱症状が起こりますが、これらが発生するのは快楽物質のドーパミンが不足するからであり、それによって様々な辛さを感じやすくなります。
喫煙をしている時はニコチンの作用でドーパミンが放出されているところ、禁煙をすることでその働きがなくなってしまうのです。

そこで役立つのがチャンピックスです。
含まれているバレニクリンにはニコチンの代わりをする働きがあり、脳にあるニコチン受容体を刺激して少量のドーパミンを放出させることができます。
その作用によって離脱症状は抑制され、禁煙のサポートとすることができるのです。
朝夕の服用で効果時間が続くため、1日中吸わずにいられる状態を維持させられます。

なお、チャンピックスを服用している時に喫煙をすると、タバコをおいしいと感じにくくなります。
これもバレニクリンがニコチン受容体と結合しているのが理由であり、タバコへの依存心も軽減させていけるのです。
禁煙外来で治療を受ける場合、治療開始からしばらくの間は喫煙が許されますが、それはチャンピックスの禁煙効果が高く、喫煙への欲求が湧く心配がないからです。

利用1年後はどうなってる?また禁煙外来との関係は

チャンピックスは経口薬のために使い勝手が良く、保険適用で利用できるという利便性もあります。
そのため禁煙を目指して利用する人が増えていますが、しかしそこで気になるのが禁煙補助薬を使った場合の成功率についてでしょう。

治療を受けた患者の1年後の状況ですが、禁煙を継続できている人の割合は、あるデータによると約3割程度とされています。
4割は失敗に終わり残りは不明です。
1年後の経過を見ると成功者の割合はあまり多くないように感じられるかもしれませんが、しかし治療を受け始めて12週間の段階ならば、およそ5割の患者たちが禁煙に成功しています。
2人に1人はタバコをやめることができており、それを将来的にも継続できるかどうかは当人の努力次第になってくると言えるでしょう。

成功率を高めるには禁煙外来での治療を最後まで受けることが大切です。
途中で通院をやめてしまうと成功率が下がってしまいます。
禁煙治療は12週間の期間で5回の診察を受けるのが基本内容ですが、最後まで治療を続けることで禁煙を継続できる割合が大きくアップします。

禁煙外来の利用で上手くタバコがやめられるのはチャンピックスの働きが大きいですが、ただ効果時間はずっと続くわけでもありません。
服用を終えるとサポートがなくなるため、その時にしっかりと我慢ができるかが重要です。

意志を強く持ち続けるには、無事にやめられた後の生まれ変わった自分自身をイメージするのも有効と言えます。
禁煙の成功者の多くはタバコをやめて良かったと考えており、ニコチン中毒という呪縛から解き放たれた清々しさを実感しています。
健康や美容に良い変化が起こるのはもちろんのこと、周りの人たちへ副流煙によって害を与える心配もなくなるでしょう。
自分だけでなく周囲の人たちも含めて禁煙による恩恵を受けられますから、タバコを吸わないことの意義を強く持ち禁煙生活を持続させていくことが大切です。

関連記事
サイト内検索